マンションの購入売却・住宅ローンについて知るサイト

不動産は、なるべく相場より高く売り、安く買う。そして賢くローンを使うことが重要です。そのための情報をどんどんまとめていきます!

マンション・不動産の相場に影響する、レインズの仕組みと、REINS Market Informationの使い方まとめ

time 2016/06/12

>>家が1,000万円以上高く売れる?最高値で不動産を売る奥義はこちら

マンション・不動産の相場に影響する、レインズの仕組みと、REINS Market Informationの使い方まとめ

レインズという言葉を聞いた事がある人もいるかもしれません。このネットワークシステムは不動産会社であれば必須で利用するシステムであり、中古不動産を売却する上では重要なシステムになります。今回はこの「レインズ」について詳しくご説明するとともに、不動産会社でない一般の方がレインズに準ずる機能をどのように利用すれば良いかのお話です。

sponsored link

レインズについて

まずはレインズについてご説明します。

レインズの概要について

レインズとは「Real Estate Information Network System(リアルエステートインフォメーションネットワーク)」の略で頭文字のREINSをとっています。このネットワークシステムは、不動産免許を取得している不動産会社のみ閲覧可能です。
機能としては、過去の成約事例を調べたり、現在売り出し中の物件を調べたりする事が出来ます。

レインズの登録義務

不動産を売却する時には不動産会社と「媒介契約」を結びます。媒介契約とは、「私の不動産の売却をあなたの会社に依頼します」という内容の契約です。この契約は「一般媒介契約」と「専任媒介契約」と「専属専任媒介契約」の3種類があります。

その中で、以下のように専任媒介契約と専属専任媒介契約の2種類にレインズ登録義務があります。

  • 専任媒介契約:7日以内にレインズに登録する義務がある
  • 専属専任媒介契約:5日以内にレインズに登録する義務がある
  • 一般契約媒介契約:レインズ登録義務なし

レインズに登録した後は、不動産会社が「登録証明書」を発行しています。専任媒介契約と専属専任媒介契約を結んだら、この証明書は必ず受け取ってください。レインズに登録されることにより、他の不動産会社もあなたの物件を売っている事が分かり、購入検討者の紹介をしてくれます。

REINS Market Informationについて

上述したようにレインズは不動産会社しか見る事が出来ません。しかし、REINS Market Informationというサイトを利用することにより、不動産会社以外の一般の方も過去の成約事例を調べる事が出来ます。

※REINS Market Information
http://www.contract.reins.or.jp/search/displayAreaConditionBLogic.do

REINS Market Information利用方法について

つづいて、REINS Market Informationの利用方法についてです。
全体の流れは以下になります。

  • 上記URLよりサイトにログイン
  • マンション、戸建てでエリアを絞り込み
  • 全体プロット図で相場を掴む
  • 詳細情報を更に絞り込む
  • 詳細情報を見る

マンション、戸建てでエリアを絞り込み

REINS Market Infomartion①
まずはマンション、戸建ての2種類に分かれておりますので、どちらか一方に条件を入力します。今回の例は「マンション」「東京都」「都心5区」で入力しています。尚、この時点ではご覧のように大まかなエリアでしか検索できません。

全体プロット図で相場を掴む

REINS Market Infomartion②
続いて全体プロット図で概要を掴みましょう。築年数と価格で構成されています。これは下記の「物件絞り込み」後にも表示されますので、その時に確認する事も出来ます。

詳細情報を更に絞り込む

REINS Market Infomartion③
このままでは範囲が少し広いため、沿線や駅、徒歩分数で絞り込みます。もし絞り込みすぎて物件数が少なければ幅を広げましょう。最低でも10数件ほどの物件がないと正確な相場観が掴めません。

詳細情報を見る

REINS Market Infomartion④
先ほどのプロット図の下にご覧のような詳細情報が出てきます。駅距離や所在、単価、築年数が出てきますので、この中でより自分の物件に近い条件のものを絞り込みます。このままエクセルに貼ってしまい整理する方法が一番良いと思いまうす。

注意点

REINS Market Informationを利用する上での注意点は、「あくまで参考にする」という点です。不動産会社に査定結果を出してもらう前に、自分で相場観を把握する事が目的なので、その価格に固執しすぎるのは止めましょう。不動産会社が利用するレインズよりも情報が遅れる時もあるので、REINS Market Informationの情報を元に、不動産会社から貰う情報で精査しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。レインズとREINS Market Informationの概要を理解頂けたと思います。レインズは一旦概要だけ把握していれば問題ありません。REINS Market Informationは一度利用してみると使い勝手が分かると思います。物件の売却が決まったら、必ずREINS Market Informationを利用して、相場観を掴んでおきましょう。

sponsored link

不動産の価格は一般的に非常に分かりにくいですよね。多くの人が一生に一度、多くて二度までしか買わないモノですので、相場感覚(相場観)がないという点が理由です。相場を調べる方法で一番早い方法は査定をしてしまうことです。

「大体この位の金額で売却できます」という、目安の金額を、基本的には物件情報さえあれば1~2営業日程度で査定価格が算出されます。

また、複数の会社に査定依頼するというのがポイントです。1つの不動産会社だけでは適正価格とは言えません。そこで便利なのが、ここ数年で盛り上がっているインターネットの査定会社を使った相場査定方法です。

物件を売ろうかな?と考えている方
・持ち家にいくらの価値があるのかな?と、物件価値がわからない方

そんな方はぜひ、簡単査定の「イエウール」を使ってみてくださいね!
>> 公式サイトで詳細を見る!


もっと詳しく知りたい方はこちらの記事も。→ 持ち家・マンションなど不動産の売却は、一括査定サイト・不動産売買情報サイトで相場を調べて最高値で売ろう!

【注目】ウソみたいな高値で、マンションが売れました…。

いいね!を押すと更新情報をチェックできます。

最近の投稿



sponsored link