マンションの購入売却・住宅ローンについて知るサイト

不動産は、なるべく相場より高く売り、安く買う。そして賢くローンを使うことが重要です。そのための情報をどんどんまとめていきます!

家・マンションを売る理由で多いもの:住み替え・転勤引越し・近所トラブル・離婚・相続・ローン滞納それぞれの詳細と、売るまでに必要な手続き・準備期間のかんたんまとめ

time 2016/06/17

>>家が1,000万円以上高く売れる?最高値で不動産を売る奥義はこちら

家・マンションを売る理由で多いもの:住み替え・転勤引越し・近所トラブル・離婚・相続・ローン滞納それぞれの詳細と、売るまでに必要な手続き・準備期間のかんたんまとめ

「なぜこの人は家を売るのだろうか・・・」
中古マンションを買ったことがある人は、こんな事を思う方もいるかもしれません。家を売る人も色々と事情があります。泣く泣く手放さなくてはいけなくなった人もいるでしょうし、結婚やライフスタイルの変化によって手放す人もいると思います。中古マンションを購入する人の中には、「もしかしたら、マンションを売る理由は何か欠陥があるから?」と疑ってしまう方もいるかもしれません。
今回は、そんな「売却理由」についてのお話です。

sponsored link

住み替えにより売却するパターン

家を手放すパターンとしては、一番多いのが住み替えるパターンです。例えば、以下のような事が考えられます。

  • 結婚を期に2人で住む用の部屋に引越しをする
  • 子供が生まれたので部屋が手狭になった
  • 子供が独立をしたので、今の広さの家は不要になった

家族数の変化による住み替えが多いです。ライフスタイルの変化によって部屋の数が不要になったり、逆に必要になったり、一戸建てからマンションに引っ越したりと、様々な変化があります。大事なことは「可変性のある家」を選ぶことであり、そんな住まいを紹介してくれる不動産会社に出会う事です。
また、リフォームやリノベーションも提案してくれる不動産会社であれば尚良いです。

転勤により引越するパターン

転勤により引越しをするのも多いパターンの一つでしょう。仕事の都合で転勤になることは職種によっては良くある事です。転勤による引越しの場合は家族と一緒に転勤先へ引っ越すか、家族を残して単身赴任をするという2つのパターンがあります。

この時、前者の場合には必ずしもマンションを売る必要がありません。もし、その家に戻ってくる可能性があるのであれば、もしかしたら賃貸に出すという手段も考えられます。勿論、手間も増えますし、空室時には賃料を貰えないため、2つの家の費用を支払わなければならなくなるというリスクもあります

しかし、今は「空室保証」の賃貸システムもありますし、遠隔地でも基本は管理会社に任せっきりに出来るような管理形態もあります。賃貸も考えている方は、一度不動産会社に査定をしてみることをお薦めします。その上で売却するのか、賃貸にするのか判断をすれば良いです。

ご近所トラブルで売却するパターン

あまり多いパターンではありませんが、ご近所トラブルにより引越しをすることもあります。例えば、マンションの上階の人がうるさく、神経質な人には耐えられなかったり、隣人と音や生活習慣の問題でトラブルになったりした時です。人により生活習慣が違い、モノの感じ方が違うためどうしてもトラブルは起こり得る事です。

そういう時は、「売却していることを近所に知られたくない」と思う方もいるかもしれません。その場合には「不動産会社に派手な広告は控えてもらう」か、「買取」という選択肢があります。

前者の場合は広告を控えることによって、近所の人の目に触れる機会は少なくなりますが、絶対にバレないとは言い切れません。広告を控えるので集客数が減り売却に時間がかかる可能性があります。

後者の「買取」の場合は、不動産会社が物件を買い取ってくれますので、面倒な手続きや広告活動、内見などがなく、近所にバレずに売却を行えます。但し、売却金額が下がってしまう事が多いです。

ご近所トラブルの場合には「どの程度秘密にして売りたいか」「どのくらいの金額で売れれば許容範囲か」をキチンと決めた上で不動産会社を選ぶと良いでしょう。

離婚により売却するパターン

つづいて、離婚に伴い売却するパターンです。離婚に伴いマンションをどうするかというのは色々なパターンがあります。結論としては、離婚に伴うマンションの処理は、「売却」を選んだ方が良いです。その理由を代表的なパターンを交えてご紹介します。

  • 住宅ローンは夫が払い、慰謝料として妻名義、妻居住になる
    このパターンの場合、例えば夫が何かの理由で住宅ローンを支払えなくなった場合には、マンションを金融機関に明け渡す必要があります。もしくは、妻住宅ローンを肩代わりすることによって居住できますが、それでは慰謝料の意味がなくなります。
  • 住宅ローンは夫が払い、名義は夫と妻の共有。慰謝料として妻居住になる
    このパターンの場合、妻は夫との関係性を絶ち切れません。なぜなら、夫が名義に入っているので、マンションを売ったり貸したりする場合には、夫の許可(委任状や売買契約書の記名押印)が必要になるからです。

このようにマンションを売却しないと、様々なリスクが残ったままの離婚になってしまうのです。

相続により売却するパターン

最後に相続により売却するパターンです。これも前項の離婚の時と同様、売却をした方がスムーズです。以下をご覧ください。(兄と自分で相続した場合を想定しています)

  • 自分はマンションを相続し、兄がそれに見合う現金を相続した場合
    一見公平な相続に見えますが、どちらも価値が変わる可能性があります。マンションの評価はあくまで時価ですので、例えばエリアの地価が上がれば不動産価値は急上昇します。相続をする時には「遺産協議書」を策定する場合がほとんどだと思いますので、後から文句を言う事は出来ません。
    しかし、兄弟間の仲が悪ければトラブルの火種になりかねます
  • マンションを兄弟共有で持つ場合
  • この場合には、1/2ずつマンションを所有しますので公平な相続です。しかし、この先一方が「マンションを売りたい」言い、一方は「売りたくない」と言ったとしたら面倒な事態になります。名義人全員の同意がなければ売却は出来ないので、売却を主張していた方の意見は通らなくなるからです。
    また、2人とも売却に同意したとしても、売却金額や時期などの意見が違えばトラブルの基になります。

このように、マンションを共同名義で所有したり、片方は不動産、片方は現金で相続、のような相続方法だと後のトラブル要因になります。そのため、離婚時と同じく相続時にもマンションは売却して現金化してから相続する事をお薦めします。

不動産一括サイトを利用しよう

今までお話しをしたように、マンションを売却する時には色々な事情があります。どれも共通して言える事は、「なるべく高く早く売りたい」と言う事です。そのために、色々な不動産会社に査定依頼をして比較検討する必要があります。

例えば、転勤による売却の時は「賃貸」も査定できる不動産会社が良いですし、ご近所トラブルによる売却の時は「買取」を行っている不動産会社の方が良いです。また、離婚や相続時には「夫婦間、相続人間の調整を上手くに行える」ような不動産会社が望ましいです。

そんな時には、不動産一括サイトの利用をお薦めします。このサイトを利用すれば、一度物件情報を入力すると複数の会社に査定依頼が出来るので、手間もかからずに容易に査定依頼が出来ます。

不動産一括サイトを紹介

具体的に不動産一括サイトを紹介します。

イエウールは1,200社以上提携!最大手の一括サイト


まずは業界最大手のイエウールというサイトです。以下のような特徴があります。

  • 参画企業数が1,200社と最も多い
  • 会員数や利用者も最大手

一括サイトの中では不動産会社数も会員数も一番多いため、優良不動産会社に出会いやすい上の、ノウハウを活かしたサイト構成になっているので使い勝手も良いです。不動産一括サイトの中ではマストな存在と言えるでしょう。


>> 公式サイトで詳細を見る!

スマイスターは高額査定が期待できる!


つづいて、スマイスターの紹介です。以下のような特徴があります。

  • 参画不動産数、会員数共に業界トップクラス
  • 売却以外にも「土地活用」や「マンション管理」など幅広い不動産会社が参画している

イエウールほどではありませんが、参画不動産会社数、会員数ともにトップクラスです。また、参画している不動産会社の幅が広いことも特徴です。不動産会社の種類の幅が広いという事は、自分のマンションを評価してくれる不動産会社に出会いやすいという事です。

例えば、地元に密着している不動産会社の方が高く売れるかもしれませんし、大手フランチャイズ店の方が高く売れるかもしれません。スマイスターであればそこまで見比べて不動産会社を選ぶことが出来ます。


>> 公式サイトで詳細を見る!

マンションナビは担当者が初心者に優しい!


つづいて、マンションナビのご紹介です。参画不動産会社数や、会員数は上記2サイトには劣りますが、なにより初心者に優しいサイトになっています。なぜなら、売却に関するサポートが充実しているからです。

サイトのコンテンツ内にある売却Q&Aの充実度が高い点や、サポートセンターでの相談受付では上記2サイトに引けを取りません。マンションの売却経験は一生の内にそう何度もある事ではないので、分からない事が多いです。そんな人に優しいサイトになっています。


>> 公式サイトで詳細を見る!

「ふじたろう」を活用してサクッと相場を調べよう


最後に「ふじたろう」の紹介です。ふじたろうは参画不動産会社数、登録者数は上記3サイトに劣りますが、このサイトの特徴は「シンプルさ」です。マンション査定以外の余計なコンテンツがなく、純粋に査定依頼に特化したサイトです。

色々なサイトを見て余計なコンテンツや説明にうんざりしている人は、ふじたろうを利用してサクッと相場を調べる事をお薦めします。


>> 公式サイトで詳細を見る!

まとめ

いかがでしたでしょうか。マンションの売却には、実に様々な理由があります。単純な「住み替え」でないマンションの売却時には、特に不動産会社の選定には注意しなければいけません。例えば離婚時に売却の時には「知識やノウハウを持っている」という基準だけで決めてはいけません。キチンと夫婦間の調整ができるかどうかという視点も大事になってきます。

そのため、通常の売却以上に慎重な「比較検討」が求められます。そんな時に不動産一括サイトを利用しましょう。それが結果的に「高く早く」売る最大の秘訣です。

不動産一括査定サイトをつかって高く売る方法はこちら。
持ち家・マンションなど不動産の売却は、一括査定サイト・不動産売買情報サイトで相場を調べて最高値で売ろう!

sponsored link

不動産の価格は一般的に非常に分かりにくいですよね。多くの人が一生に一度、多くて二度までしか買わないモノですので、相場感覚(相場観)がないという点が理由です。相場を調べる方法で一番早い方法は査定をしてしまうことです。

「大体この位の金額で売却できます」という、目安の金額を、基本的には物件情報さえあれば1~2営業日程度で査定価格が算出されます。

また、複数の会社に査定依頼するというのがポイントです。1つの不動産会社だけでは適正価格とは言えません。そこで便利なのが、ここ数年で盛り上がっているインターネットの査定会社を使った相場査定方法です。

物件を売ろうかな?と考えている方
・持ち家にいくらの価値があるのかな?と、物件価値がわからない方

そんな方はぜひ、簡単査定の「イエウール」を使ってみてくださいね!
>> 公式サイトで詳細を見る!


もっと詳しく知りたい方はこちらの記事も。→ 持ち家・マンションなど不動産の売却は、一括査定サイト・不動産売買情報サイトで相場を調べて最高値で売ろう!

【注目】ウソみたいな高値で、マンションが売れました…。

いいね!を押すと更新情報をチェックできます。

最近の投稿



sponsored link