どうしても、家・マンションを早く売る必要がある人への最終奥義:相場より安くする・買取制度を使う、その方法とは?

「とにかく家を早く売りたい!」
不動産を売却する時に、価格はある程度安くても仕方ないので、とにかく早く売りたいという人もいます。そんな方には「買取制度」をお薦めします。買取制度は、とにかく早く売りたいという人には最も適した売り方です。
今回は、買取制度を利用した際のメリット・デメリットなどを含め詳細を説明します。

目次

そもそも買取制度とは何か?

通常、自分の家を売る時には一般の方に向けて売る、いわゆる「個人間売買」になります。一方、買取は買主が法人になることが一番の特徴です。法人は、その家を買取って再販する事を目的としています。法人が買主になりますので、不特定多数に部屋を見せる手間も少なく、手続き関係もスピーディーに進みます。

主に買取制度を利用する方は以下になります。

  • とにかく早く家を売りたい人
  • 周囲に売却していることを極力知らせずに家を売りたい人

買取のメリットとは?

つづいて、買取のメリットについてお話します。

買取のメリットは以下の通りです。

  • 現金化が早く売却ストレスがない
  • 周囲に知られずに売却できる
  • 瑕疵担保責任がない

現金化が早く売却ストレスがない

先ほども言いましたが相手が法人のため、不特定多数が部屋に出入りする必要がありません。家を売却する時に一番大変なのは、「見学者とのスケジュール調整」と「物件見学」です。見学の予約が入るたびに部屋を整理しておく必要がありますし、休日が潰れてしまいます。買取だとそのストレスがない事が大きいです。

また、法人だとローンではなく現金で購入することが多い上に手続き関係もスムーズです。そのため、通常の売却と比べて決済スピードも速いです。

周囲に知られずに売却できる

前項のように売却活動をしないので、広告をすることもありません。そのため、周囲に知られずに売却活動を行えるというのもメリットになります。

瑕疵担保責任がない

瑕疵担保責任とは、「もし、家に欠陥があることが判明したら、引渡後でも一定期間にそれらを補償する義務を負う」事です。しかし、これはあくまで個人間の話ですので、宅建免許を持っている法人に対しては、瑕疵担保責任は負いません。

買取のデメリットとは?

続いて買取のデメリットについてです。買取のデメリットは唯一「価格が相場よりも安くなること」です。

どの程度価格が下がるのか

結論から言うと、相場価格の7~8割程度になることが多いです。理由は、不動産会社は再販を視野にいれて家を購入するからです。もし、相場価格で買い取ってしまえば相場価格以上で売らなければいけないので、売りにくくなるのです。そのため、相場より安い価格で買取り、場合によってはリノベーションをしてから再販するという手順を踏みます。

リスクヘッジする方法

価格について、どうしても納得できない場合は「買取保証サービス」を付保して売却することをお薦めします。この買取保証サービスとは、最初は通常の売却活動を行い、ある一定期間物件が売れない場合は買取をしてもらう制度の事です。

この方式にしておけば、最初は相場価格で売り出す事が出来ます。その後にデッドラインを決めて買取をしてもらえれば、高く売れる可能性も残しておけますし、万が一売れなかった時も安心です。

但し、このサービスを利用すると、「周囲に知られずに売却出来る」というメリットはなくなりますので注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。買取についての概要、メリット・デメリットがお分かり頂けたと思います。買取は目的がはっきりしているので、とにかく早く売りたい人には最終奥義とも呼べる手法です。但し、物件価格が落ちてしまうというデメリットもあるので、実施するかは慎重に選びましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる